TOP > 研究助成

研究助成

若手研究者を支援する研究助成(第11期)

1.助成の趣旨

弊社では、平成16(2004)年10月に年代測定を目的として14C測定専用の加速器質量分析計を導入し、年代測定業務を開始いたしました。これを期に、企業として社会に還元するため、また広く弊社AMS 年代測定をご利用いただくため、若手研究者を対象として研究支援事業を開始し、このたび第11期の研究助成を企画いたしました。

 

2.応募条件

  1. 現在 40歳未満の研究者(定職についていない方)および大学院生(考古学分野1名、自然科学分野1名)
  2. 年代測定を必要とする研究テーマであること
  3. 過去に研究発表1本または論文1編以上を発表した者
  4. 原則として、助成終了後1年以内に研究助成の内容を含む論文または口頭発表を公表すること(発表内容を示す論文・口頭発表内容要旨を提出)
  5. 研究助成の内容を含む発表および論文執筆の際、パレオ・ラボ若手研究者を支援する研究助成によるものであることを明記すること

3.支援内容

以下の2項目を支援いたします。

  1. 研究費として15万円を支給(採用1ヶ月後に指定口座に振り込み)
  2. AMS年代測定10試料を無料測定
    ただし、測定期間は下記の期間限定
    平成 27(2015)年9月1日~平成 27(2015)年10月31日
    および平成28(2016)年4月1日~平成 28(2016)年8月31日

 

4. 支援期間

平成 27(2015)年9月1日~平成 28(2016)年8月31日(測定期間は限定されます。ご注意ください。)

 

5. 応募方法

申し込み用紙(弊社指定用紙をダウンロード)、履歴書(書式なし、写真添付)、研究実績表(書式なし)を郵送

郵送先 〒501-6264 岐阜県羽島市小熊町島5-63アルビアル羽島1F パレオ・ラボ東海支店 研究助成担当

 

6. 応募締め切り

平成 27(2015)年7月31日(必着)

 

7. 選考方法等

弊社顧問(2名)が選考し、審査結果は申請者に書面にて通知する。

 

備考

研究内容等の個人情報は、外部に漏れないように厳重に管理いたします。 助成を希望される方は、弊社の試料処理または AMS 年代測定の精度等を十分理解していただくことが必要です。予めホームページをご覧いただき、不明点については弊社の試料処理担当および測定担当にお問合せください。

こちらのPDFデータもご参照ください : 若手研究者を支援する研究助成(第11期)

 

お問い合わせ先

jyosei@paleolabo.jp もしくは 058-391-0881研究助成担当まで(なるべくE-mailをご利用ください)